ハワイアン航空、2013年2月~3月発券分で燃油サーチャージ値下げ

ハワイアン航空A330

ハワイアン航空は、2013年2月1日から2013年3月31日発券分まで燃油サーチャージを値下げすることを決めた。

日本-ハワイ線は、現行の片道16,500円から片道15,000円へと変更になり、往復では33,000円から30,000円へと値下げ。ハワイでホノルル発着を購入する場合は、片道208ドルから189ドルへの値下げとなる。

また日本発着の国際線で、ホノルルで乗り継ぎアメリカ本土へ行く場合、片道26,000円から片道23,500円に値下げされる。

2013年2月1日発券からの燃油代については、既にJALとANAも同水準への値下げを発表している。

ハワイアン航空では、羽田-ホノルル、関西-ホノルル、福岡-ホノルルがいずれも毎日1往復、札幌-ホノルルが週3往復(札幌発は水・金・日、ホノルル発は火・木・土)を運航している。

また2013年にはホノルル-台北線の就航も計画しており、引き続き、アジア方面への路線拡大を進めている。

参考:国際線「燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)」改定のご案内 (PDF)

タグ: , | 2012年12月25日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ