ハワイアン航空、燃油サーチャージ値下げ、2012年8月発券分より

ハワイアン航空A330

ハワイ州ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は、2012年8月1日から9月30日発券分までの燃油サーチャージを値下げする。

羽田・関空福岡・札幌‐ホノルルの各路線については、現行の片道16,500円から片道15,000円への値下げ。なおハワイで購入する場合の日本発着路線は、現行の片道US$208から片道US$189へ変更となり、往復の値下げ幅はUS$38。

8月1日発券以降の日本‐ハワイ路線における燃油代は、ANA、JAL、ユナイテッド航空、デルタ航空も片道15,000円への値下げを発表しており、ハワイアン航空も同額となるが、チャイナエアラインのみ片道12,000円で若干安く設定している。

また日本からホノルル経由でのアメリカ本土行きについても、現行の片道26,000円から片道23,500へと値下げになる。ハワイアン航空はホノルルからロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコ、シアトル、ニューヨークなどへの直行便を運航しており、日本からもホノルル乗り継ぎでのアクセスが可能だ。

ハワイアンの燃油サーチャージも発券日ベースでの適用となる為、出発日に関わらず航空券を購入・発券した日が基準になる。例えば、2012年11月の新規就航が予定されている札幌‐ホノルル線を、2012年7月31日までに発券した場合の燃油代は片道16,500円、2012年8月1日から9月31日までに発券した場合は片道15,000円となる。

ハワイアン航空についてはこちら

参考:Hawaiian Airlines – ハワイアン航空 : ご予約方法

タグ: , , | 2012年7月17日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ