ハワイアン航空のLA発ホノルル行きが脅迫電話を受け遅延

[最終更新日:2010年09月18日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

FBI(米連邦捜査局)の発表によると、ハワイアン航空のロサンゼルス発ホノルル行きHA009便が、「爆弾を仕掛けた」との脅迫電話を受け出発が遅れたことが明らかになった。

被害があったのは9月16日(木)、ロサンゼルスの空港を午後6時に出発する予定だったハワイアン便は、この脅迫電話の影響で出発が2時間遅れた。

出発の準備をしていたHA009便のボーイング767型機は、機体・機内を含め全体的に捜索が行われ、乗客や荷物についても再度セキュリティチェックをかけられた。

この脅迫電話については捜査が続けられている。

関連記事:KPUA.net – KPUA Hawaii News – Hawaiian Airlines flight delayed because of threat

タグ: | 2010年9月18日

twitterこの記事をツイートする