ハワイアン航空、韓国ソウル=ホノルル線を運休、2020年3月から4月まで新型コロナウイルスの影響で

[最終更新日:2020年03月02日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

2021/3/4追記:ハワイアン航空、5月末まで成田を週3便、関西を週1便で継続

ハワイアン航空のA332
ハワイアン航空のA332

ハワイ州ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は、世界的に感染が拡大している新型コロナウイルスの影響で、2020年3月2日(火)から4月30日(木)までソウル=ホノルル線を運休する。

同路線は、韓国ソウルの仁川国際空港(ICN)とダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)を結ぶ直行便。

ホノルル発のHA459便は3月1日(日)出発まで、ソウル発のHA450便は3月2日(月)出発をもって一時運休する。

ハワイアン航空では、スカイチームに加盟する大韓航空(KE)が運航するソウル=ホノルル直行便ではコードシェアしているが、同様に航空券の販売を取り止めている。

またハワイアンでは、2020年2月24日~5月1日の間に韓国の空港を発着、または経由するハワイアン航空運航便、ハワイアン航空共同運航便を対象に、変更手数料の免除措置を実施している。

2020年10月31日までに旅行を開始するフライトへの変更の場合は、変更手数料の免除と同じ搭乗クラスかつ出発地・到着地に変更がない場合は運賃差額を免除する。

2020年10月31日以降に旅行を開始するフライトへの変更の場合は、変更手数料を免除と運賃差額は免除対象外する。

一時運休となるハワイアン航空運航便の時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 機材
HA460 ソウル 22:00 ホノルル 11:00 A330-200
HA459 ホノルル 13:10 ソウル 20:00

引き続き運航される大韓航空の運航便(ハワイアン航空がコードシェア)の時刻表はこちら。大韓航空ではソウル=成田経由=ホノルル線も毎日運航している。

便名 出発時刻 到着時刻 機材
KE53 (HA6019) ソウル 20:35 ホノルル 09:30 B740-400
KE54 (HA6020) ホノルル 11:45 ソウル 17:45

ニュースリリース:Hawaiian Airlines Temporarily Suspending Incheon Service

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , , | 2020年3月2日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ