ハワイアン航空、1月後半に日本路線減便、札幌・福岡は運休継続

[最終更新日:2020年12月31日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

10/9最新:ハワイアン航空、2021年12月中頃まで成田・関西を継続

ホノルル空港
ホノルル空港

ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)はハワイ時間30日、2021年1月・2月の運航計画を更新した。

日本路線では、運航を再開している成田=ホノルル、羽田=ホノルル、関西=ホノルルをいずれも減便するほか、札幌=ホノルル、福岡=ホノルル、羽田=ハワイ島コナを2月末まで運休する。

10月から週1往復で再開して現在は週4往復を運航する成田=ホノルル線は、1月16日から週3往復に減便。

12月下旬から再開している羽田=ホノルル線と関西=ホノルル線は、1月20日から週1往復に減便する。

ハワイアンの日本路線はすべて定期旅客便として再開しており、提携するJALがコードシェアしている。

その他の国際線では、ホノルル=ソウル線を引き続き週1往復で継続。ホノルル=タヒチ線は1月30日まで、ホノルル=パゴパゴ線は1月28日まで運休する。オーストラリア線とニュージーランド線は3月27日までの運休を発表済み。

日本からハワイへの渡航では、事前検査プログラムにより到着後の10日間隔離は免除を受けられるものの、日本側は米国への渡航中止勧告や帰国時の14日間待機要請を継続している。

カウアイ島は、12月2日に事前検査プログラムから一時離脱しており、認定検査パートナーでの陰性結果があっても隔離免除は受けられなくなっている。ただ、カウアイ郡が州知事に提示していた到着後の検査による免除制度が承認されたため、1月5日からは新たな到着後検査プログラムが開始される予定。事前検査に加えてリゾートバブル(EMQ)参加ホテルで3日間滞在後に、再検査で陰性となれば隔離義務が終了する。

成田=ホノルル線の時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
HA822 (JL6406) 成田 19:55 ホノルル 07:40 火木土(1/15まで月火木土)
HA821 (JL6405) ホノルル 11:00 成田 16:00(翌日) 火木日(1/15まで火木土日)

羽田=ホノルル線の時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
HA864 (JL6410) 羽田 20:05 ホノルル 07:55 日(1/19まで水金日)
HA863 (JL6415) ホノルル 12:20 羽田 17:10(翌日) 金(1/19まで月水金)

関西=ホノルル線の時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
HA450 (JL6408) 関西 20:45 ホノルル 08:55 木(1/19まで月木土)
HA449 (JL6407) ホノルル 13:05 関西 18:45(翌日) 火(1/19まで火木土)

※発着時刻は時期により異なります。ハワイアン航空ウェブサイトで出発日の時刻をご確認ください。
※便名のカッコ内はコードシェアするJAL便名です。

※カウアイ島の到着後検査プログラムが承認されたため、一部内容を変更いたしました

タグ: | 2020年12月31日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ