ハワイアン航空、2013年3月末までマニラ線にA330を導入

[最終更新日:2012年11月07日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ最大手のハワイアン航空(HA)は、ホノルルとフィリピンのマニラを結ぶ直行便に、期間限定でエアバスA330型機を投入します。

これはホリデーシーズンや冬期の高まる需要に応えるため、264席のボーイングB767から294席のエアバスA330へ、2013年3月末まで機材の変更するとのこと。

ハワイアン航空のホノルル‐マニラ線は、週4便で運航しており、ホノルルを午後出発してマニアには時差の関係で翌日の夜に到着するスケジュールとなっています。

また同路線はフィリピン航空も直行便を週3便で設定しています。

便名 出発時刻 到着時刻 機種 曜日
HA455 ホノルル 14:05 マニラ 18:55 A330 日月水金
HA456 マニラ 20:50 ホノルル 13:05 月火木土

※2012年11月現在の時刻表です。最新のフライトスケジュールを航空会社ウェブサイトでご確認ください。

タグ: , | 2012年11月7日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ