ハワイアン航空の機内ドリンクメニューがより充実、季節限定ビールやマイタイも

ハワイアン航空(HA)は、2019年2月1日から機内ドリンクサービスを拡充 し、オアフ島で焙煎したコーヒーやマウイ島の季節限定ビール、トロピカルカクテルを用意している。

ハワイアン航空のカクテル
3種のオリジナルカクテル

国際線や米国本土路線、ハワイ諸島間の国内線、ハワイ州内の空港ラウンジでは、ライオンコーヒーの限定特製ブレンドを提供。

また機内では 100%天然素材を使用したモロカイ・ミュール、トロピカル・ランディングとマイタイの3種類のカクテルを用意。国際線、米国本土路線とハワイ諸島間のビジネスクラスとファーストクラスでは無料、米国本土路線のメインキャビンでは8ドルで提供する。

モロカイ・ミュールは、 ラム酒をベースにジンジャー、ライム、パッションフルーツフレーバーをプラス。人気の高いモスコミュールをイメージした爽やかな味わいが特徴。

トロピカル・ランディング は、 ジンをベースにグアバ、レモン、バイオレット、ココナッツをプラスした、キリっとした味わい 。

マイタイは、 新しい種類のラム酒をベースにオルゲートシロップ、オレンジとココナッツのフレーバーをプラス。ハワイでマイタイが誕生した当時の味わいをイメージしており、2019年3月1日から 提供を開始する。

マウイ島のビール
パウハナピルスナー

またマウイ ブリューイング カンパニーの「ビキニブロンド」に加え、季節限定で「パウハナピルスナー」も無料 で提供する。

2019年2月現在、ハワイアン航空では羽田=ホノルル線、成田=ホノルル線、関西=ホノルル線、札幌=ホノルル線、羽田=ハワイ島コナ線を運航。

また2020年夏ダイヤで計画されている羽田空港の米路線発着枠配分において、羽田=ホノルル線の1日3便増便を米運輸省に申請している。

2019年2月28日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ