ハワイアン航空、ホノルル-サンフランシスコ線をエアバスA332に変更

ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は、2011年11月6日からホノルル-サンフランシスコ線にA330-200型機を導入する。

ハワイアン航空では、中距離路線をボーイングB767-300型(B763)からエアバスA330-200型機(A332)への変更を進めており、既に羽田線については置き換えている。今後は関西-ホノルル線にも、A332が導入される見込みだ。

また2012年1月には同じカリフォルニア州のオークランドとサンノゼからマウイ島カフルイを結ぶ直行便を就航する予定で、ハワイ-西海岸線は座席数が大幅に増える。

関連記事:Hawaiian to Add A330 for San Francisco-Honolulu – ABC News

タグ: | 2011年11月3日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ