ハワイアン航空、羽田=コナ線就航2周年でハワイ語フライトを運航、2018年12月21日に

ハワイ語フライト

ハワイアン航空(HA)は、羽田=コナ線の就航2周辺を記念して、
2018年12月21日に「‘OLELO HAWAI‘I FLIGHT ハワイ語フライト」を運航する。

ハワイ語でサービスを行う特別フライトで、羽田空港を出発するHA852便の搭乗案内と機内アナウンスを、通常の英語と日本語に加えてハワイ語で実施する。

また搭乗前には、2周年のフライトを記念してハワイの伝統的なお祈り(oli)が捧げられるほか、すべての搭乗客に記念品のラゲッジタグと搭乗証明書、ハワイ語のハンドブックを贈呈する。

到着のハワイ島・コナ国際空港では、ハワイの音楽の生演奏と生花のレイで搭乗客を出迎える。

ハワイアン航空では2018年4月に、ハワイ島・ヒロでのメリー・モナーク・フェスティバルの開催を記念して、初となるハワイ語フライトを運航。

今回のハワイ語フライトは、ハワイアン航空としては6例目、国際線としては初めてとなる。

ハワイアン航空の羽田=ハワイ島コナ直行便は、2016年12月に週3便で就航以来、11万4000人以上の利用者があった。

2018年12月現在、ハワイアン航空では羽田=コナ線のほか、羽田=ホノルル線、成田=ホノルル線、関西=ホノルル線、新千歳=ホノルル線を運航している。

また2018年夏スケジュールからはJAL(日本航空)との双方的なコードシェアを実施しており、ハワイアン航空が運航する羽田=コナ線、JALが運航する成田=コナ線も互いにコードシェア便となっている。

2018年12月13日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ