ハワイアン航空、羽田-ハワイ島コナ線を申請、ホノルル線の増便も

[最終更新日:2016年04月23日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ州ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は、新たに羽田-ハワイ島コナ線を申請した。

※記事最後に追記があります※

日米航空交渉で羽田空港における昼間時間帯の米国線発着枠が、米航空各社に割り当てられたことにより、羽田-ハワイ間の増便を目指している。

ハワイアン航空では既存の羽田-ホノルル線(HA458便とHA457便)を昼間時間帯に移行し、さらに月火木土の羽田-ホノルル線、水金日の羽田-ハワイ島コナ線を運航する計画を発表した。

ハワイ島コナ直行便は、2010年10月にJALが撤退後は定期便がなかった為、実現すればハワイ島へのアクセスが格段に改善される。

ハワイアン航空の羽田-ホノルル線は、2010年10月の羽田空港国際線ターミナル開業に合わせて、深夜早朝時間帯に新規開設された路線。就航以来、高い搭乗率を維持しており、かねてより増便を模索していた。

運航機材は現行スケジュールと同じエアバスA330で、ビジネスクラス18席、エクストラコンフォート68席、エコノミークラス192席が設定される。

また2016年7月23日からは成田空港にも就航を予定しており、成田-ホノルル線を毎日1便運航する計画。今回、発表された羽田の昼間時間帯に設定されるフライトを合わせると、日本からハワイへの直行便は1日3便体制となる。

なお昼間時間帯の発着枠については、アメリカン航空(ダラス、ロサンゼルス)、デルタ航空(アトランタ、ロサンゼルス、ミネアポリス)、ユナイテッド航空(サンフランシスコ、ニューアーク)も米本土路線を申請しており、米国運輸省によって選定されることになる。

ハワイアン航空の申請が通った場合のフライトスケジュールは下記の通り。

日本-ハワイ線

便名 羽田発 ハワイ着 出発曜日 機材
HA856 羽田 20:30 ホノルル 09:15 月火木土 A333
HA852 羽田 20:30 コナ 09:25 水金日 A333
HA458 羽田 21:30 ホノルル 10:15 毎日 A333
便名 成田発 ハワイ着 出発曜日 機材
HA822 成田 21:00 ホノルル 09:55 毎日(7/23~) A333

ハワイ-日本線

便名 ハワイ発 羽田着 出発曜日 機材
HA855 ホノルル 13:45 羽田 17:20 *翌日 月水金日 A333
HA851 コナ 13:30 羽田 17:20 *翌日 火木土 A333
HA457 ホノルル 13:55 羽田 19:30 *翌日 毎日 A333
便名 ハワイ発 成田着 出発曜日 機材
HA821 ホノルル 15:30 成田 19:00 *翌日 毎日(7/22~) A333

プレスリリース:Hawaiian Airlines Applies to Provide Service to Honolulu and Kona from Haneda International Airport | Hawaiian Airlines

[2016年5月14日追加]
週3日の羽田-コナ線、週4日のホノルル線ついては、深夜帯での申請が承認されました

タグ: | 2016年4月23日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ