ハワイアン航空、2019年10月~11月発券分で燃油サーチャージを値下げ

ハワイアン航空(HA)は、2019年10月1日から11月30日までの発券分について燃油サーチャージを改定する。

日本=ハワイ間は、現行の片道8,500円から片道6,000円へと値下げで、ハワイ・北米で購入する場合は片道74ドルから片道49ドルへの値下げとなる。

またハワイを経由して日本=北米間を利用する場合は、現行の片道14,000円から片道10,500円へ値下げされる。

ハワイアンでは出発日に関わらず、航空券の発券日を基準に燃油代を適用しており、2019年9月30日までに発券すれば値下げ前、2019年10月1日以降に発券すると値下げ後の燃油サーチャージとなる。

2019年8月現在、ハワイアン航空では成田=ホノルル線、関西=ホノルル線、札幌・新千歳=ホノルル線を運航するほか、2019年11月16日から福岡=ホノルル線を再開する。

また2020年に配分される羽田発着枠を獲得しており、夏ダイヤから羽田=ホノルル線が増便される見込みとなっている。

方面 2019年9月30日発券分まで 2019年10月1日発券分から
日本-ハワイ(日本で購入) 8,500円 6,000円
日本-北米(日本で購入) 14,000円 10,500円
日本-ハワイ(ハワイ・北米で購入) 74ドル 49ドル
日本-北米(ハワイ・北米で購入) 129ドル 88ドル

プレスリリース:燃油特別付加運賃のご案内

タグ: , , | 2019年8月28日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ