ハワイアン航空、燃油サーチャージ値下げ、2014年10月発券分から

ハワイアン航空の飛行機

ホノルルと拠点とするハワイアン航空(HA)は、2014年10月1日から11月30日発券分の日本発着便における燃油サーチャージを値下げする。

現行の片道16,000円から13,500円への変更で、往復では5,000円の値下げとなる。これは既に同期間の値下げを決めている、日本航空、全日空、チャイナエアラインと同水準。

また日本からハワイ・ホノルルで乗り継ぎ、アメリカ本土へ行く場合は、現行の片道25,000円から21,000円へと変更。往復の値下げ幅は8,000円とこの数年では大きな動きとなっている。

ハワイアン航空においても、燃油代は航空券の購入日(発券日)を基準とする。例えば、同じ12月出発の航空券でも、9月30日までに購入すると(決済すると)値下げ前の燃油代となる。

参考:ハワイアン航空・国際線「燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)」のご案内

タグ: , | 2014年9月10日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ