ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイアン航空、2017年2月1日発券分から燃油サーチャージを適用

JALのB777-200

ハワイ州ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は、2017年2月1日発券分から燃油サーチャージを再開する。

日本-ハワイ間は、片道2,000円、往復4,000円。またハワイを経由しての日本-北米間は、片道3,500円、往復7,000円となる。

今回の改定は2017年2月1日から2017年3月31日発券分までが対象で、日本で購入・発券の場合のみ対象になる。ハワイ・北米で購入・発券の場合は適用されないので、ハワイ在住者が日本へのチケット購入する場合は非適用となっている。

ハワイアン航空では、発券日を基準に燃油サーチャージを適用しており、出発日に関わらず2017年1月31日までに購入・発券すれば燃油代はかからない。

同期間については、既に日本航空全日空も同水準での燃油代再開を決めている。

2016年12月現在、ハワイアン航空では羽田-ホノルル線、羽田-ハワイ島コナ線(羽田発12/21~)、成田-ホノルル線、関西-ホノルル線、札幌-ホノルル線を運航している。

参考:ハワイアン航空・国際線「燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)」のご案内

タグ: , | 2016年12月21日

» ページの先頭へ