ハワイアン航空、燃油サーチャージ値上げ、2013年12月発券分より

ハワイアン航空A330

ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HI)は、2013年12月1日~2014年1月31日発券分までの国際線航空券について、燃油サーチャージを値上げすることを決めた。

ハワイアン航空が運航する日本-ホノルル線は、現行の片道13,500円から片道15,000円への改定となり、往復の値上げ幅は3,000円。既に同時期の値上げを発表している日本航空全日空と同水準。

またホノルル国際空港を経由してアメリカ本土へ渡す場合の航空券については、現行の片道21,000円から片道23,500円への変更で、往復の値上げ幅は5,000円となる。

ハワイアンの燃油代も発券日を基準として適用されており、出発日に関係なく、航空券予約後に発券(購入)した日の燃油サーチャージが適用される。

2013年11月現在、ハワイアン航空では羽田-ホノルル線、関西-ホノルル線、福岡-ホノルル線、仙台・新千歳-ホノルル線(ホノルル発は仙台行き)を運航しているほか、羽田-ハワイ島コナ線の就航にも意欲を見せている。

タグ: , | 2013年11月2日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ