ハワイアン航空、札幌=ホノルル線を一時運休、4月2日から7月18日まで

[最終更新日:2020年03月18日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

2021/4/22追記:ハワイアン航空、7月末まで成田を週3便、関西を週1便で継続

ハワイアン航空のA332
ハワイアン航空のA332

ハワイ州ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は、新型コロナウイルスによる需要低下に伴い、札幌(新千歳)=ホノルル線を一時運休する。

対象期間は、2020年4月2日から7月18日の約4ヶ月半で、新型コロナウイルスに関連する運休規模としては比較的長めの対応となっている。

運休前の最終便は4月1日の札幌発でホノルルには同日に到着。現時点では7月21日のホノルル発、7月22日の札幌発から再開予定。

ハワイアン航空の札幌線は、2012年から週3便で運航。 2013年6月から一時期、仙台国際空港を経由する三角運航をしていたが、 2015年10月から往復とも新千歳直行便に戻っている。

ハワイアン航空ではすでに、韓国ソウル=ホノルル線で減便を実施しているほか、羽田=ハワイ島コナ線と一部の羽田=ホノルル線で減便することを決めている。

ハワイアン航空が運航する日本=ハワイ間の国際線では、JAL(日本航空)がコードシェアしており、JAL便名で販売される航空券についても影響が出る。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日 機材
HA442 (JL6400) 札幌 19:45 ホノルル 07:50 水金日 A330-200
HA441 (JL6409) ホノルル 12:40 札幌 17:00(翌日着) 火木土

※発着スケジュールは時期・曜日により異なる場合があります
※括弧内はJAL便名

ニュースリリース:Hawaiian Airlines Suspending Sapporo Service

【お知らせ】航空会社各社のコールセンターでは現在、混雑のため繋がりにくくなっています。出発間際の予約以外は少し期間を置いての問い合わせにご協力をお願いたします。ハワイアン航空では出発が5日以上先の場合は、控えていただくようお願いしています。

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

2020年3月18日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ