ハワイアン航空、日本=ハワイ間の全便運休を8月15日まで延長、日本発8月16日まで

[最終更新日:2020年07月02日]

7/16追記:ハワイアン航空、日本=ハワイ線を8月31日まで運休、日本発9月1日まで

ハワイアン航空
ハワイアン航空

ハワイ州ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は7月2日、新型コロナウイルス感染症の影響による日本=ハワイ間の運休期間を延長した。

ハワイアンが運航する日本=ハワイ間の直行便は全路線の運休を延長。羽田発着の毎日運航するHA458/HA457便とHA864/HA863便、成田、関西、札幌、福岡の各路線では、日本出発が8月16日(日)出発まで、ホノルル出発は8月15日(土)までが対象となる。

週3便の羽田=ハワイ島コナ線は、羽田発が8月16日(日)まで、コナ発が8月14日発まで運休。また週4便の羽田発HA856便とホノルル発HA855便は8月15日(土)まで運休する。

運休が確定した便については、航空券のキャンセル、全額払い戻しが可能。旅行会社で購入の航空券は、旅行会社にて払い戻し手続きを行っている。

ハワイアン航空では6月30日、一時運休に伴う航空券の特別対応を改定。既に予約済みの場合、2020年12月16日までに開始する旅程については変更手数料・運賃差額を免除する。

特別対応の詳細や条件については、公式ページで案内している。

ハワイ州では8月1日よりアメリカ本土からの旅行を対象に事前検査プログラムの導入を計画しており、ハワイアンではハワイ=米本土路線を順次再開する予定。

しかし8月以降も日本など海外からの到着者には、原則として14日間の自己隔離措置が延長される見込み。

日本側でも外務省がアメリカ全土を含む多くの国・地域に感染症危険情報で渡航中止勧告を出しており、現時点では海外旅行が再開できる見込みは立っていない。

路線便名運休期間
羽田=ホノルルHA458/HA4572020年3月27日~8月16日 ※ハワイ発は8月15日まで
HA864/HA863
成田=ホノルルHA822/HA821
関西=ホノルルHA450/HA449
福岡=ホノルルHA828/HA827
札幌=ホノルルHA442/HA441
羽田=ホノルルHA856/HA8552020年3月27日~8月15日
羽田=コナHA852/HA8512020年3月27日~8月16日 ※ハワイ発は8月14日まで

公式ページ:新型コロナウイルスに関する対応について

タグ: , , , , , , , , | 2020年7月2日

【8/8更新】2020年の秋・年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ