ハワイアン航空、日本=ハワイ路線の全便運休を7月15日まで延長

[最終更新日:2020年06月11日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

6/5追記:ハワイアン航空、2021年9月末まで成田を週3便、関西を週1便で継続

ハワイアン航空
ハワイアン航空

ハワイ州ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は、新型コロナウイルス感染症の影響による日本=ハワイ間の運休期間を延長した。

成田、羽田、関西、福岡を出発するホノルル行きと羽田を出発するハワイ島コナ行きはいずれも7月15日まで運休。羽田発のHA856便のみ運航曜日の関係で7月14日まで運休となる。

週3便を設定している札幌=ホノルル線は、従来通り新千歳発の7月19日まで運休。また関西=ホノルル線の2020年夏季臨時便は運航を取りやめる

ハワイアン航空では日本=ハワイ間で、JALとのコードシェアを実施しているが、JALではすでにハワイ路線を7月31日まで全便運休することを決めている。

ハワイ州では州外からの到着者を対象に義務している14日間の自己隔離措置を7月31日まで延長することを発表。ハワイ州内の国内線(インターアイランド)については6月16日に解除されるため、ハワイアンでは増便を予定している。

また引き続きソウル=ホノルル、台北=サンフランシスコで貨物便を運航中。6月10日には同社のA332が成田空港にも飛来し、成田=ロサンゼルスでのカーゴサービスも始まる。

路線便名運休期間(ハワイ出発日は前日)
羽田=ホノルルHA458/HA4572020年3月27日~7月15日
HA864/HA863
HA856/HA8552020年3月27日~7月14日 ※ハワイ発も7月14日まで
成田=ホノルルHA822/HA8212020年3月27日~7月15日
関西=ホノルルHA450/HA4492020年3月27日~7月15日
福岡=ホノルルHA828/HA8272020年3月27日~7月15日
札幌=ホノルルHA442/HA441 2020年3月27日~7月19日
羽田=コナHA852/HA8512020年3月27日~7月15日 ※ハワイ発は7月12日まで

公式ページ:新型コロナウイルスに関する対応について

タグ: , , | 2020年6月11日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ