ハワイアン航空、日本=ハワイ路線の全便運休を6月30日まで延長(日本発は7月1日まで)

[最終更新日:2020年05月21日]

ハワイアン航空
ハワイアン航空

ハワイアン航空(HA)は5月21日、新型コロナウイルス感染症の影響による日本=ハワイ路線の運休期間を2020年6月30日まで延長した。

延長となったのは前回発表分で6月14日までの運休としていた羽田=ホノルル線の一部便、成田=ホノルル線、関西=ホノルル線、福岡ホノルル線の4路線で全10便。

ハワイ発では6月30日出発分まで、日本発では7月1日出発分まで全便が運休となる。また従来通り、羽田=コナ線はハワイ発も7月1日出発分まで運休。新千歳=ホノルル線はハワイ発が7月18日まで、札幌発が7月19日まで運休する。

運休が確定した便については、航空券のキャンセルにおいて全額払い戻しが可能だが、旅行会社で購入した場合は旅行会社で払い戻し手続きが必要となる。

ハワイアン航空では日本=ハワイ路線でJAL(日本航空)とのコードシェアを実施しているが、すでにJALでは6月30日までのハワイ路線全便運休を決めている。

ハワイ州では4月下旬頃から新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が連日僅かとなっており、5月に入ってからはゼロの日もある。しかし州ではすべての到着者を対象に実施している14日間の自己隔離義務を6月30日まで延長することを決めている。

路線便名運休期間(ハワイ出発日は前日)
羽田=ホノルルHA458/HA4572020年3月27日~7月1日
HA864/HA863
HA856/HA8552020年3月27日~7月2日 ※ハワイ発は6月30日まで
成田=ホノルルHA822/HA8212020年3月27日~7月1日
関西=ホノルルHA450/HA4492020年3月27日~7月1日
福岡=ホノルルHA828/HA8272020年3月27日~7月1日
札幌=ホノルルHA442/HA441 2020年3月27日~7月19日
羽田=コナHA852/HA8512020年3月27日~7月1日 ※ハワイ発も7月1日まで

プレスリリース:新型コロナウイルスに関する対応について

タグ: , , , , , , , | 2020年5月21日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ