ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイアン航空、新型機エアバスA321neoを導入、2017年12月から運航開始

ハワイアン航空のロゴ

ハワイアン航空(HA)は、最新機材として2017年11月に受領したエアバスA321neoを、2017年12月から運航開始する。

まず12月にハワイ諸島間(インターアイランド)の一部フライトで限定的に導入し、2018年1月からはハワイとアメリカ西海岸を結ぶ路線に導入する。

ハワイアン航空のA321neoは、ビジネスクラスに相当するプレミアムキャビン16席、プレミアムエコノミーに相当するエクストラ・コンフォート45席、エコノミークラス128席の3クラス制で、全189席。

現在、西海岸路線では全264席のB767-300ER、全294席のA330-200を使用しているが、一部の路線では18機を発注しているA321neo型機で置き換えていく計画だ。

大型旅客機のA330-200については、B767-300ERで運航している国際線への置き換えを進める計画で、日本路線では唯一、B767-300ERで運航している札幌=ホノルル線は2018年2月からA330-200に変更すると発表されている。

エアバス社のA321neo型機は、日本では2017年9月にANA(全日空)が導入しているほか、世界各国の航空会社が導入している。従来のA321よりも低燃費で航続距離が長く、ハワイアン航空ではハワイ=西海岸路線への機材に選定した。

ハワイアン航空では飛行機ごとにハワイ語の名前を付けているが、A321neoの1号機(登録番号N202HA)には、「Maile(マイレ)」という植物の名前がつけられている。

2017年12月19日からA321neoが使用されるインターアイランド路線はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 備考
HA118 ホノルル 07:09 コナ 07:54 一部曜日
HA117 コナ 08:54 ホノルル 09:40
便名 出発時刻 到着時刻 備考
HA186 ホノルル 10:40 カフルイ 11:21 一部曜日
HA385 カフルイ 12:30 ホノルル 13:09
便名 出発時刻 到着時刻 備考
HA153 ホノルル 14:09 リフエ 14:52 一部曜日
HA239 リフエ 16:10 ホノルル 16:45

2018年1月以降、A321neoが使用される米本土路線はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 時期
HA24 カフルイ 13:30 オークランド 20:20 2018年1月8日から
HA23 オークランド 07:50 カフルイ 11:35
便名 出発時刻 到着時刻 時期
HA40 カフルイ 13:05 ポートランド 20:30 2018年1月18日から
HA39 ポートランド 08:00 カフルイ 12:00
便名 出発時刻 到着時刻 時期
HA68 リフエ 13:40 オークランド 22:00 2018年4月11日から
HA67 オークランド 09:30 リフエ 12:10

タグ: , | 2017年12月6日

» ページの先頭へ