ハワイアン航空、ホノルル-台北線に就航へ、2013年7月

[最終更新日:2012年12月06日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイアン航空(HA)は、2013年7月にホノルルと台湾の台北を結ぶ直行便を就航すると発表した。ハワイ旅行需要が高まるアジア市場への路線拡大を進めているハワイアンに、また新しいディスティネーションが加わることになる。

台北線には、羽田線でも運航している294席のエアバスA330-200(A332)を投入する計画。週3往復、計6便でのフライトスケジュールを予定している。

2012年12月現在、ホノルル-台北間は、チャイナエアラインが成田経由で毎日1便を運航しているが、同路線は成田-ホノルル間での利用者が比較的多い。

台湾は2012年11月より、米国への短期入国者の査証が免除されるビザ免除プログラムの対象になるため、日本人観光客と同様に90日以内の商用・観光目的であればビザの申請は必要がなくなっている。

プレスリリース:Hawaiian to Launch Taipei-Honolulu Service in July

タグ: , , | 2012年12月6日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ