ハワイ州、8/11から島間移動の離島到着に14日間隔離義務を再実施

[最終更新日:2020年08月07日]

8/19追記:ハワイ州、旅行の事前検査プログラム開始を10月1日に再延期

コナ空港
コナ空港

ハワイ州のイゲ知事は8月6日、新型コロナウイルス感染症に関する記者会見を開催。最近の陽性者数増加について大きな対応が必要になると州民に理解を求めた。

6月16日に解除されていた島間移動の14日間隔離義務について、8月11日(火)から再実施することを発表。

ハワイ州内の島を国内線(インターアイランド)で移動した場合にも、14日間は自宅やホテル等の客室からの外出が禁止される。

対象はハワイ島、マウイ島、カウアイ島、モロカイ島カラワオの離島に到着した場合、離島から離島に移動する場合も対象になる。離島からオアフ島に到着する場合は対象外。

島間移動の隔離義務については、マウイ島やカウアイ島などから再実施を求める声があがっていた。

ハワイ州の陽性判定数は、最大の都市ホノルルが所在するオアフ島がその多くを占めており、島間移動による離島への感染拡大が懸念されている。

また州外からの一部の到着者が、島間移動を隔離義務の抜け道として使用していることも指摘されていた。

2020年8月6日現在、ハワイの国内線では主にハワイアン航空、サウスウエスト航空、モクレレ航空が運航。

なお記者会見に参加したホノルル市長は、8月8日からオアフ島のすべての公園、ビーチパークを閉鎖することを発表。

9月1日開始に延期されている事前検査プログラムについては、8月6日の記者会見では再延期の発表はなかった。

公式リリース:OFFICE OF THE GOVERNOR — NEWS RELEASE — GOVERNOR IGE REINSTATING PARTIAL INTER-ISLAND TRAVEL QUARANTINE

タグ: , , | 2020年8月7日

9/10更新:2020年の年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ