ハワイ州、全島の住民と旅行者に外出禁止令、2020年3月25日から

[最終更新日:2020年03月24日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ州政府庁舎
ハワイ州政府庁舎

ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3月23日、州内の住民に外出禁止令を出すことを発表した。2020年3月25日(水)から4月30日(木)まで実施する。

食品の購入や医療など必要最低限の外出を除き自宅に留まることが指示され、市民生活に必要不可欠な一部のビジネスを除き在宅勤務が求められる。

新型コロナウイルス感染拡大のための同様の措置はすでに、オアフ島のホノルル市が 3月23日(月)16時30分から実施することを発表しており、マウイ島も3月25日からの実施を予定している。

ハワイ州では3月26日から旅行者や州に戻る居住者を対象に、14日間の隔離措置を開始することに伴い、ハワイ旅行は実質的に不可能となる。

アメリカでは米国疾病予防管理センター(CDC)が3月21日に、日本への渡航について「レベル3: 不要な渡航延期勧告」を出しており、日本からの帰国後14日間は自宅等での待機や社会的距離の確保(ソーシャルディスタンス)が求められている。

日本でも3月22日に米国全土への渡航危険レベルを「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」に引き上げ、3月23日にはアメリカ全土からの帰国者に14日間の待機要請を出すことを決定した。

※速報のため必要に応じて追記します

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

2020年3月24日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ