ハワイ州、3月25日で屋内のマスク着用義務を終了

[最終更新日:2022年03月09日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ワイキキ
ワイキキ

ハワイのイゲ州知事は8日、屋内でのマスク着用義務を2022年3月25日をもって終了することを発表した。

イゲ州知事は、新たな段階へと進み、新型コロナとの共存を考えていくとして、州全体としてのマスク着用は求めないこととした。

ただし、一部の公共施設や路線バス、空港などではマスク着用がルールとして残る可能性はある。また引き続き、企業やショップなどで独自にマスク着用を求めることもできる。

ハワイではオミクロン株の影響により、今年1月に感染のピークに達したが、現在の新規陽性者数は大幅に減少しており、オミクロン以前の水準に戻っている。

ハワイ州では、渡航者の隔離免除に対応するプログラム “Safe Travels” についても、3月25日をもって終了することを発表している。

タグ: , , | 2022年3月9日

twitterこの記事をツイートする