ハワイ州知事、日本政府の往来再開に向けた検討意向に謝意

[最終更新日:2020年07月28日]

ハワイ州政府庁舎
ハワイ州政府庁舎

ハワイ州のイゲ知事とサイキ下院議長は7月27日、日本政府が往来再開について今後調整を進める12カ国・地域に加えて、ハワイを検討意向としたことに謝意を示した。

茂木外務大臣が7月22日の記者会見で、12カ国・地域のさらに次のステップとしてヨーロッパやハワイを再開候補としてて挙げたことに応えたと見られる。

日本側ではまずは赴任などの長期滞在や業務渡航を前提とした往来再開協議を進めており、渡航・入国には事前検査等の条件が残っている。ハワイでもアメリカ本土や海外からの旅行者受け入れには、事前検査プログラムの陰性証明による再開を計画。

イゲ知事は、日本とハワイの長年に渡る深い関係に触れ、日本政府の方針によって、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑制しながら安全かつ信頼できる往来再開が期待できるとした。

ハワイではかねてより日本からの旅行者受け入れ再開を模索しており、日本ハワイ友好議員連盟でも活動するサイキ氏は日本側との意見交換を行っているという。

日本では現在もアメリカ全土に渡航中止勧告を継続しているほか、入国・帰国後は14日間の待機を要請。ハワイでは州外からの到着者に14日間隔離を義務付けているが、隔離違反者が後と絶たず逮捕者が度々報道されている。

日本=ハワイ間の直行便は4月から全便が運休しているが、赴任や留学、一時帰国に対応するため、8月にはJALが4往復の臨時便を運航する。

通常時、日本からハワイには毎日4,000~5,000人前後が渡航していたため、事前検査を前提とした旅行再開には様々な課題が残る。

公式リリース:David Y. Ige | Governor’s Office – News Release – Hawai‘i honored to be considered by Japan in list of global destinations to resume safe international travel

※州知事オフィスの公式リリースでは最初、12カ国・地域にハワイが含まれる内容だったため、削除され改めて新しいリリースが出ています(上記のリンク先)

タグ: , | 2020年7月28日

【8/8更新】2020年の秋・年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ