ハワイ州知事、以後30日間のハワイ旅行は延期するよう強く呼びかけ

[最終更新日:2020年03月18日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

【追記】
ハワイ州、旅行者に14日間の隔離措置、3月26日から開始(ハワイ州の自己隔離は任意ではなく入州への必須条件です)

ホノルル空港
ホノルル空港

ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3月17日(火)、オアフ島で開催された記者会見で、以後30日間に予定しているハワイ旅行を延期するように強く呼びかけた。

州職員には、 ハワイ州内における島間の移動を含め、不要不急の旅行・各種渡航を取り止めるよう指示するとした。

またアメリカ疾病管理予防センター (CDC)のガイドラインに従い、10人以上で集まる行為を制限。バーやクラブには営業中止、レストランには営業中止やテイクアウト、ドライブスルー、デリバリーを提供するように要望した。

アメリカでは政府から不必要な外出や旅行を控えるよう要請したガイドラインが発表されており、ハワイでも感染者数が増加していることから、行政や公共施設、観光施設へも影響が広がっている。

3月17日~18日前後からは国立公園のビジターセンターや州立公園、観光施設、博物館、美術館などが一時休業に入る。すでに一部の映画館チェーンや百貨店、ショップでは全米の店舗を対象に臨時休業している。

ハワイでは今週に入りはじめて、渡航歴がない住民が新型コロナウイルスで陽性になり市中感染が確認されたが、州内における多くの感染者はアメリカ本土への直近の渡航歴がある場合やクルーズ船乗船、または旅行者となっている。

感染者は、ホノルルのあるオアフ島、マウイ島、カウアイ島、ハワイ島と主要4島すべてで確認されており、潜在的な感染者数はさらに多いと想定される。

追記:
カウアイ島、住民に夜間外出禁止、旅行者には「カウアイ島は休暇中」として島への渡航を控えるよう要望
マウイ島も旅行の再検討を要望、レストランはテイクアウト・配達のみに限定
ハワイ州ホノルル市、飲食店にテイクアウト限定を指示、3月20日(金)から15日間

ハワイ州公式ページ:GOVERNOR’S OFFICE – GOV. IGE ANNOUNCES STATE ACTIONS TO SLOW THE SPREAD OF COVID-19
外務省 海外安全ホームページ:新型コロナウイルス(新たな措置)

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , , , , | 2020年3月18日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ