ハワイの事前検査プログラム、韓国発も2月5日から対象に

[最終更新日:2021年01月28日]

大韓航空
大韓航空

ハワイ州のイゲ知事は27日、出発前の陰性結果で隔離義務を免除する事前検査プログラムに韓国を対象として追加することを発表した。

2021年2月5日(金)より韓国からハワイへの渡航でも、同プログラムを利用することにより到着後の10日間隔離義務が免除される。

対象となる検査は、韓国疾病予防管理庁(KDCA)が承認した検査所によるNAAT(PCR検査など)で、ハワイ行き直行便のフライト時刻からさかのぼって72時間以内に認定検査パートナーで受ける必要がある。陰性結果は出発前の取得が必要。

ハワイの事前検査プログラム(pre-travel testing program)は、2020年10月15日より米本土で、11月6日出発分には日本からも開始された。

アメリカではCDC(疾病予防管理センター)の勧告に伴い、2021年1月26日から米国行きフライトに搭乗するすべての人に、出発前3日以内の陰性結果または回復したことを示す書類の提示を求めている。

隔離免除用に受ける検査結果を併用することができるが、事前検査プログラムの免除申請では認定検査パートナーの検査結果のみが有効。

韓国国内の認定検査パートナー
Yonsei University Health System, Severance Hospital
Kangbuk Samsung Hospital
Inha University Hospital
Asan Medical Center

2021年1月28日現在、韓国=ハワイ間ではハワイアン航空がソウル(仁川)=ホノルル線を週1往復で運航している。大韓航空のソウル=ホノルル線、ソウル=成田経由=ホノルル線は運休中。また、LCCのティーウェイ航空がハワイ就航を計画している。

ハワイアン航空のフライトスケジュールはこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
HA460 (KE7895) ソウル 21:25 ホノルル 10:20
HA459 (KE7896) ホノルル 12:35 ソウル 19:20 (翌日)

※発着時刻は時期により異なります。また、運航計画は変更になる場合があります。ハワイアン航空ウェブサイトで出発日の時刻をご確認ください。

公式リリース:OFFICE OF THE GOVERNOR – NEWS RELEASE: HAWAIʻI EXPANDS PRE-TRAVEL TESTING PROGRAM TO KOREA

タグ: , | 2021年1月28日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ