ハワイ島のビーチが10月1日から再開

[最終更新日:2020年10月01日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

クキオベイ
クキオベイ

ハワイ島のハリー・キム郡長は、4日(金)から実施している島内のビーチパーク閉鎖を解除することを決めた。

10月1日(木)からハワイ郡が管理する島内のビーチパークや海沿いの公園が一般開放される。また州立のビーチパークも合わせて再開される見込み。

例外としてハカラウビーチパークは閉鎖を継続。キャンプについては引き続き許可されない。またハワイ島では、公共の場でのマスク着用を義務付け、10人以上での集会を禁止している。

ハワイ島は新型コロナウイルス感染症の陽性者数がオアフ島に次ぐ規模になっており、一部では大きなクラスターも確認されている。

ハワイ州では州外からの到着者に14日間の隔離を義務付けているが、州内の島を移動する場合(インターアイランド)も、オアフ島以外の到着時は隔離義務がある。

10月15日からは事前検査プログラムでの旅行者受け入れ再開が始まるが、キム郡長は隔離対象者と区別できないことや、渡航者が届け出ている電話番号や住所に不正も確認されていることから懸念を示している。カウアイ島やマウイ島では到着後の検査導入を検討しているため、インターアイランドでの隔離義務は継続される可能性がある。

日本からハワイ島へは、ハワイアン航空とJALがコナ空港への直行便を就航しているが、現在は新型コロナウイルス感染症の影響で運休している。

タグ: , , | 2020年10月1日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ