ハワイ州、旅行者に14日間の隔離措置、3月26日から開始

[最終更新日:2020年03月22日]

コナ空港の入国審査
コナ空港の入国審査

ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3月21日、すべての旅行者とハワイ州に戻る居住者に14日間の自己隔離措置を実施することを発表した。2020年3月26日(水)深夜00:01から開始され、いつまでという期限は設けていない。

日本からの直行便でハワイに到着する場合は、旅行者はホテルの客室などの滞在先、ハワイ州住民は自宅での自己隔離が言い渡される。違反した場合は、最高5,000ドルの罰金または懲役1年以下の罰則。自己隔離にかかる費用はすべて実費となる。

自己隔離は公共の場所を訪れることを禁止する措置で、ホテル内のプールやレストランなど不特定多数の人が訪れる場所を利用することも制限される。

国際線での入国はもちろん、国内線でハワイ州の空港に到着した場合、クルーズ船から下船も含まれる。機内で配られる専用フォームを、空港などに用意されるチェックポイントで提出するかたちをとる予定。

同様の措置はすでにオーストラリアやグアムなど多くの国・地域でも実施されており、隔離措置の開始に伴い日本からの海外旅行は取りやめとなっている。ハワイ州の自己隔離は任意ではなく、入州の必須条件であるため、ハワイ旅行は実質的に不可能となる。

日本の成田、羽田、中部、関西、福岡、札幌の各空港から直行便で出発する場合、ハワイの到着は出発日と同日になるため、3月26日出発分から対象となる。3月25日までにハワイに到着している場合は対象外。

14日間の隔離措置は、乗務で訪れる航空会社の乗務員、救急対応や重要な任務の従業者、新型コロナウイルスへの任務に対応する従業者はいずれも除外される。

ハワイ州においては州知事が3月17日に、以後30日間に予定しているハワイ旅行を延期するように強く呼びかけていた。またマウイ島カウアイ島でも島への旅行は考え直すよう求めていた。

日本からハワイへは、オアフ島のホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)またはハワイ島のコナ空港への直行便で到着するのが一般的。JAL、ANA、ハワイアン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、大韓航空、エアアジアXが直行便を就航しているが、すでに全ての航空会社が減便や運休を実施している。今後はより運休が拡大することが見込まれる。

※速報のため必要に応じて追記します(大きく修正した場合は訂正のお知らせを掲載します)

公式リリース:SECOND SUPPLEMENTARY PROCLAMATION

【お知らせ】14日間の隔離措置については、ハワイ州から公式の発表が出ていますが、旅行会社や航空会社ではまだ対応が決まっていない可能性があります。まだキャンセル料がかかる場合があるので、出発まで余裕がある予約は少し期間を置いてみてください。なお今回の自己隔離措置は「任意ではありません」ので、ハワイ旅行は実質的に不可能となります。

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , , | 2020年3月22日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ