ハナウマ湾が12月2日に再開、月火定休で入園料値上げ

[最終更新日:2020年12月03日]

ハナウマ湾
ハナウマ湾

ホノルル市のコールドウェル市長は12月2日、新型コロナウイルス感染症の影響により閉鎖していたハナウマ湾の再開を発表した。

ハワイのビーチでは唯一、入園料を設定しているハナウマ湾はこれまでも様々な規則があったが、再開にあたっては新たなルールが導入される。

今後はマスク等のフェイスカバー着用が求められるほか、混雑を避けるため、1日の入園者数は720人に制限される。同時に入園できる人数は30人までに制限され、駐車場や初入園時に義務付けられている映像視聴は最大30人が進むごとの対応になる。

またこれまで火曜日のみだった休園日は、月曜日と火曜日の2日間になる。入園時間は8時から14時までとなり閉園は16時。

ハワイ州の住民以外に設定されていた入園料は、これまでの7.50ドルから12ドルに値上げ。駐車料金は3ドルに値上げされた。

ハナウマ湾自然保護区へは従来、車や路線バス、商用ツアーでのアクセスが一般的。ワイキキトロリーや旅行会社の観光路線バスは、展望エリアからの見学のみが許可されており一時停車扱いとなっている。

今回の再開にあたっては、商用ツアーが許可されておらず、現地ツアー(オプショナルツアー等)での訪問はできない。またタクシーでのアクセスも禁止されるほか、ハナウマ湾を通る路線バスは引き続き運休する。

ギフトショップや教育センター、飲食販売、スノーケリング用品のレンタルは、引き続き休業となるため、必要なものは各自持参する必要がある。トイレやシャワーは利用できる。

12/11追記:ハナウマ湾、1月9日から徒歩でアクセスを禁止、予約制を導入予定

公式ページ:
Haunama Bay Nature Preserve reopening Wednesday, Dec. 2
The following Route 22 bus stops will be TEMPORARILY closed for the duration.

タグ: , , , | 2020年12月3日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ