ハプナビーチプリンス、ウェスティンへの変更時期は2018年5月に

「ウェスティン」ブランドへの変更を進めていたハワイ島のハプナビーチプリンスホテルは、「ウェスティン ハプナ ビーチ リゾート」へのホテル名の変更時期を2018年5月とした。

2017年8月よりホテル内の各所で大規模な改装が行われており、2018年6月には工事が終わる見込みとなっている。

2018年2月にはホテルロビーが新しくなっており、ロビーとプールを結ぶ階段を新設したほか、最新のチェックインシステムを導入している。また宴会場の改装も完了している。

全249室の客室は、2018年6月にすべての客室が改装を終える予定で、新たに17のスイートを新設。バスルームアメニティもウェスティン仕様となる。

レストランは、軽食や100%コナコーヒーを提供する「ピコ」(PIKO Coffee + Bar)、プールサイドのカジュアルレストラン「ナウパカ ビーチ グリル」(Naupaka Beach Grill)が営業しており、朝食で利用できるオープンエアーの「イケナ ランディング」(’Ikena Landing)、オーシャンビューのメインダイニング「メリディア」(Meridia)もまもなく利用できるようになる。

美しいハプナビーチとの間に広がるプールエリアには、 既存のファミリープールのほか、インフィニティプールを含む大人専用プールや カバナ(プライベートスペース)
を新設する。

また2018年4月下旬には、ロスフィットスタジオ(フィットネスセンター)、 ウェスティン ワークアウト(フィットネスセンター)、 ハプナスパ、 ウェスティンキッズクラブ(キッズプログラム)がオープンする予定となっている。

ハプナビーチプリンス(ウェスティン ハプナ ビーチ リゾート)は、ハワイ島西岸のマウナケア・リゾートにあるリゾートホテルで、1994年の開業。日本の「プリンス」ブランドであることもあり、日本からも多くの旅行者が利用している。

【ホテル情報】
ウェスティン・ハプナ・ビーチ・リゾート(旧名:ハプナ・ビーチ・プリンス)
住所:62-100 Kaunaoa Dr, Kamuela, HI 96743
アクセス:コナ空港から約35分

2018年2月26日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ