2020年4月5日予定のホノルルハーフマラソン・ハパルアが開催延期、新型コロナウイルスの影響で

[最終更新日:2020年03月12日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ゴールシーン
ゴールシーン

2020年4月5日(日)にオアフ島ホノルルで予定していた「ホノルルハーフマラソン・ハパルア」が開催の延期を決定した。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、 4割が海外からの参加する同大会において、参加者や大会スタッフ、ボランティアへのさらなる蔓延を防止するためとしている。

現時点では変更後の開催日については発表されていないが、Star Advertiser 紙によると9月への延期が予定されているという。

また2020年に開催できなかった場合は、2021年に追加エントリー料金なしで参加できるようになる。

ホノルルハーフマラソン・ハパルア( Hawaii’s Half Marathon Hapalua)は、 ワイキキのデューク・カハナモク像前からスタートし、 カピオラニ公園でゴールするハーフマラソン大会で、毎年12月に開催される「ホノルルマラソン」のコースのうちホノルル中心部や景色の良いダイヤモンドヘッド周辺を走ることができる。

JAL(日本航空)やハワイアン航空、佐藤製薬などがスポンサーとなっており、JALやハワイアン航空の割引、JALマイルでのエントリーも可能なことから日本からの参加者も少なくない。

なお2020年の「ホノルルマラソン」は、 12月13日(日)に開催を予定している。

公式ページ:【延期のお知らせ】ホノルルハーフマラソン・ハパルア2020

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , | 2020年3月12日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ