ハレイワのサメツアー専用ボートがまた放火被害

[最終更新日:2011年01月26日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

オアフ島ノースショアのアクティビティとして日本のテレビ番組やガイドブックで紹介されることのあるサメツアーが2件の放火被害にあっている。2回ともサメツアーで使用しているボートの火災で、ツアー会社のノースショア・シャーク・アドベンチャーズ(North Shore Shark Adventures)では$225,000相当の被害が出ているという。

最初の放火と見られる火事があったのは2011年1月7日で、警察では火事の原因は放火をとみて捜査しているが、1月24日にはまた同様の火災が発生した。事件当時、ボートには乗客がおらず、ケガ人は出ていない。

ノースショア沖でサメを間近で見学できるシャークツアーを行っているツアー会社は2つあり、ノースショア・シャーク・アドベンチャーはそのうちの1社。

サメツアーは近年、環境問題や沿岸にサメを寄せ付ける恐れがあるとして懸念されており、反対運動も一部では高まっていた。警察では今回の放火とサメツアーをめぐる問題に関係がないかも含めて捜査していると見られる。

関連記事: Police look for witnesses of two shark tour boat fires – Staradvertiser.com

タグ: , | 2011年1月26日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ