ハレイワ・ファーマーズ・マーケットが全米ベスト50に選出

[最終更新日:2015年05月14日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

Waimea Valley

今ではすっかりハワイ旅行でもおなじみとなったファーマーズ・マーケット。新鮮な地元の食材や物産品を、生産者から直接購入できる場として各地で人気だ。

この度、アメリカの料理雑誌『クッキング・ライト』が選んだ「アメリカのファーマーズ・マーケット・ベスト50(America’s 50 Best Farmers’ Markets)」に、オアフ島のハレイワ・ファーマーズ・マーケットが選出された。

ハレイワ・ファーマーズ・マーケット(HFM)は、オアフ島ノースショアのワイメア・バレーで毎週木曜日の午後2時~6時まで開催されている。また5月21日からは夜7時までに開催時間が延長される予定だ。

実は2009年4月からノースショアの町、ハレイワので開催されていたが、2012年8月から諸事情によりワイメア・バレーに移転している。

現在は40店舗ほどが出店しており、毎週約800人ほどの来場者があるという。

ワイメア・バレーはハレイワの町からさらに5マイル(約8キロ)ほど北へ進んで場所にある渓谷で、遊歩道が整備された植物園がある。マーケットが始まる前に、緑豊かな渓谷を散歩するのも忘れずに。

タグ: , , | 2015年5月14日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ