マウイ島ハレアカラ山頂のサンライズ観賞が予約制に、2017年2月から

ハレアカラ国立公園
※写真はサンセット時のハレアカラ山頂

マウイ島最高峰のハレアカラ山を有するハレアカラ国立公園は、山頂での日の出観賞を2017年2月1日から予約制とする。

標高3,055mのハレアカラ山は、サンライズやサンセット、星空観察ができるスポットとしても人気があり、マウイ島旅行では定番観光スポットのひとつとなっている。

とくに美しいサンライズが見られる夜明けの時間帯には、多くの旅行客が押し寄せ、安全にサンライズ観賞ができる場所が少ない山頂付近において安全面での問題が出ていた。

また駐車場以外の場所に停められた車が緊急車両の通行を妨げたり、自然環境に悪影響を与える懸念もあり、山頂を訪れることのできる車や人数を制限することになった。

予約システムは Recreation.gov において、2016年12月1日から稼働する予定となっており、訪問日を指定して、車1台につき $1.50 が必要になる。

予約は2ヶ月前から行えるが、指定日のみ有効となる為、現地で天気予報などを確認して訪問日を変更することはできない。訪問日を変える場合は、再度予約が必要となり、予約分の返金はされない。

対象となる時間帯は午前3時から午前7時までで、他の時間帯においてはこれまで通り予約不要で入園できるが、いずれの時間帯においても国立公園の入園料(車1台につき$20、自転車やハイキングなどでの入園は1人$10)は必要となる。

2017年2月1日以降はサンライズを観賞しない場合でも、山頂エリアへのアクセスは午前3時から午前7時まで予約が必要となる為、予約がない場合は、7時以降まで山頂エリアへのアクセスができなくなる。

現地ツアーを利用してサンライズ観賞へ行く場合は、個人での予約は不要となるが、2017年2月以降にレンタカーで観に行く予定があれば、事前予約を忘れないようにしよう。

Permits & Reservations – Haleakalā National Park (U.S. National Park Service)

タグ: , | 2016年11月29日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ