グアムからもハワイ州の検査プログラムで対象に

[最終更新日:2020年10月29日]

※この記事は公開されてから3ヶ月が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

グアム
グアム

グアムがハワイ州の事前検査プログラムに参加することが、グアム準州知事とハワイ州イゲ知事の電話会談で確認された。

ハワイでは10月15日から米本土からの旅行を対象に、出発前72時間以内の陰性結果で到着後の隔離義務を免除する検査プログラムを開始しており、同様の内容でグアムからも対象になる見通し。

グアムとハワイ間では、グアムの公衆衛生局(DPHSS)の公衆衛生研究所(GPHL)が、ハワイ州が求める参加基準を満たしているとの合意を得ている。グアム州政府では、開始に向けてハワイの保険当局と調整中としている。

ハワイの検査プログラムでは、米国CLIA認定の検査所によるFDA認証のNAAT(核酸増幅検査)を要件としており、GPHLとDLSはどちらもCLIA認定を受けている。

グアム=ハワイ間では、ユナイテッド航空がグアム=ホノルル線を毎日運航。またアイランドホッピングと呼ばれる途中の島々を経由するフライトを一部日程で運航している。

日本では11月3日から認定検査パートナーとなるハワイ州指定医療機関での検査が開始される。11月6日出発・到着分から適用される予定。

グアム=ホノルル線のフライトスケジュールはこらら。

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間
UA200 グアム 08:15 ホノルル 19:20 *前日 7時間5分
UA201 ホノルル 15:35 グアム 19:20 *翌日 7時間45分

現在、アイランドホッピングの経由便は一部日程のみ運航。途中の発着都市・飛行場は、チューク諸島(ミクロネシア連邦)、ポンペイ島(ミクロネシア連邦)、コスラエ州(ミクロネシア連邦)、クェゼリン環礁(バックホルツ陸軍飛行場)、マジュロ(マーシャル諸島共和国)。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日
UA155 グアム 08:20 ホノルル 02:50 現在は一部日程
UA154 ホノルル 07:25 グアム 17:45 現在は一部日程

プレスリリース:グアム、ハワイ州トラステッドトラベラープログラムに参加

タグ: , , , | 2020年10月29日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ