ハワイ州知事、マウイ郡内移動の隔離免除を承認へ

[最終更新日:2020年10月13日]

マウイ郡が求めていた郡内移動での隔離免除を、ハワイ州知事が承認する意向であることがわかった。12日の記者会見で郡のマネジングディレクターが発表した。

ハワイ諸島内(インターアイランド)での隔離義務については、10月31日までの実施が決まっているが、マウイ郡に含まれるマウイ島、モロカイ島、ラナイ島の島間を直行便で移動する場合に、到着後14日間の隔離義務が免除される見込みとなった。

マウイ郡内の移動では、マウイ島のカフルイ空港、カパルア空港、モロカイ島のモロカイ空港、ラナイ島のラナイ空港を結ぶ航空路線に加えて、マウイ島ラハイナとラナイ島を結ぶ航路がある。

ハワイアン航空では、11月1日からオハナ・バイ・ハワイアンによる運航を一時中止することを発表しており、オアフ島とモロカイ島、ラナイ島を結ぶ路線のほか、モロカイ=マウイ島カフルイ線なども運休することになる。

また記者会見では、マウイ郡が求めているインターアイランドでの旅行前検査プログラム実施についても、ハワイ州知事が承認する意向が明らかになった。検査方法などについては今後、詳細が発表される見通し。

※この記事は詳細を追記する場合があります

公式Facebook:County of Maui

タグ: , , , | 2020年10月13日

twitterこの記事をツイートする

10/20更新:2020年の年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ再開?

ページの先頭へ