ハワイ州観光局、日本航空、ハワイアン航空が「今こそハワイ島に、 行こう。」キャンペーン

ハワイ州観光局、JAL(日本航空)、ハワイアン航空は、共同でハワイ島プロモーション「今こそハワイ島に、 行こう。 」キャンペーンを開始した。

ハワイ州観光局、JAL(日本航空)、ハワイアン航空

観光局とハワイ島への直行便を運航するJALとハワイアン航空が共同でプロモーションするのは今回がはじめて。

2018年7月20日~9月30日の期間中、トミーバハマ銀座店で「今こそハワイ島に、 行こう。」フェア、JALの公式SNSアカウントで「今こそハワイ島に、 行こう。」SNSキャンペーンを実施する。

トミーバハマ銀座のレストランでは、ハワイ島のコナコーヒーなどのスパイスがきいたリブアイステーキやアイランドロコモコなどのメニューを提供するほか、 7月20日(金)の初日にはミスアロハハワイ2018(ハワイ島のミスハワイ)のテヒナ・スレイドさんが来日ししてフラショーを行った。

トミーバハマ銀座
トミーバハマ銀座

JALでは、TwitterまたはInstagramのJAL公式アカウントをフォローして、ハッシュタグ「#今こそハワイ島に行こう」を入れて写真を投稿すると、投稿件数に応じて素敵なプレゼントが抽選で当たるSNSキャンペーンを実施。

1000投稿達成で「JAL,ハワイアン航空ロゴグッズセット30名様」、2000投稿達成で「ハワイ島ホテル宿泊券3泊分 2組4名様」、3000投稿達成「ハワイ島コナ往復航空券 1組2名様」を用意している。

JAL SNSキャンペーン

ハワイ島は2018年5月上旬から東部プナ地区やキラウエア山頂での噴火が続いているが、火山観光を除けば通常通りの滞在・観光が楽しめる。

ハワイアン航空の羽田発、JALの成田発の直行便が就航するハワイ島コナ空港は、火山とは反対側の西岸に位置しており、周辺リゾートでの宿泊にも影響は出ていない。

コナコーヒー農園やマウナケアでのサンセット・星空鑑賞、美しいビーチの数々、カメハメハ王にまつわる様々な史跡、ホノカアやコナ海岸一帯の小さな町など、ハワイ島の魅力は数えきれないほど多い。

日本からはハワイアン航空が羽田から週3便、JALが成田から毎日直行便を運航。いずれの便も2社がコードシェアしており、行きは成田からJAL運航便、帰りは羽田へハワイアン航空運航便といった利用もできる。

またハワイ島からオアフ島ホノルルへは、ハワイアン航空の国内線で約45~60分。ハワイ島+ワイキキ(オアフ島)の周遊旅行なら、行きはハワイ島へ直行便、帰りはホノルルから帰国といった組み合わせの旅程も可能だ。

以前にハワイ島を訪れたことがある方も、まだハワイ島に行ったことがない方も、ぜひこの機会にハワイ島に注目してみては。

ハワイアン航空運航、羽田=コナ直行便の時刻表

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 曜日
HA852(JL6404) 羽田 23:55 コナ 13:05 8時間10分 水金日
HA851(JL6403) コナ 18:25 羽田 22:05 8時間40分 水金日

JAL運航、成田~コナ直行便の時刻表

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 曜日
JL770(HA5387) 成田 21:25 コナ 10:15 7時間50分 毎日
JL779(HA5388) コナ 12:15 成田 16:00 8時間45分 毎日

※発着時刻は時期・出発日によって異なります。ご利用予定日を航空会社ウェブサイトでご確認ください。

タグ: , , | 2018年7月23日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ