フードランド、一部曜日で最初の1時間をシニアや介助者などの専用時間に

[最終更新日:2020年03月18日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

フードランド
フードランド

ハワイ州内でスーパーマーケットを展開するフードランド(Foodland)は、新型コロナウイルス感染防止の一環として、営業時間の扱いを一部変更する。

2020年3月19日(木)から3月31日(火)まで、火・木・土曜日には開店後の1時間について、60歳以上のシニアや介助者、家族の付添人などに限定する特別時間を設定。

全店舗で通常の営業時間を継続するものの、混雑を緩和する機会を設けることで、感染拡大防止の助けになることを期待している。

また木曜日はシニアを対象に5%の割引を実施する “Senior Thursday” を実施する。

フードランドは、ハワイ州内に多くの店舗を展開するスーパーマーケットで、地元の食材や惣菜、ポキ、弁当、ベーカリーなどが購入できることで旅行者にも人気。コーヒーやチョコレートといったメイド・イン・ハワイのお土産もスーパーマーケット価格で購入できることでも支持されている。

店舗はアラモアナセンターやリゾート地区のショッピングセンター内など、様々なエリアに出店している。

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , , , | 2020年3月18日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ