ハワイ州がワイキキビーチの環境調査を実施

[最終更新日:2010年03月17日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ州はワイキキビーチの砂浜を拡大するにあたって環境調査を実施。沖合いから海底の砂をビーチへ吸い上げる作業をするにあたって、とくに環境への影響はないとした。

ワイキキビーチでは毎年1?2フィートに渡って砂浜が侵食しており、満潮時には波がホテルやビーチバーの敷地内にまで届く状態になっている。砂浜拡大には費用を要するが、観光局やホテルオーナーからも支援を受けており、観光地としてワイキキビーチを維持する取り組みが続けられている。

関連記事:KPUA.net – KPUA Hawaii News – State does environmental study for Waikiki beach

タグ: | 2010年3月17日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ