SmarterTravel.comの編集者が選ぶベスト・バリュー・デスティネーションにハワイ

[最終更新日:2010年05月28日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

旅行の情報サイト SmarterTravel.com では毎年、編集者が選ぶ旅行ランキングを17の各ジャンルで発表しているが、今年2010年のベスト・バリュー・デスティネーションにはハワイが選ばれた。

このランキングはアメリカからの旅行という条件が考慮されているが、ハワイが選ばれた要因には、年間を通しての旅費が3%下がっていること、高級ホテルの客室料金が10〜15%下がっていること、2010年に入ってこれまで4つの新規航空路線が開設されていることなど挙げられている。つまり旅行に行きたくなるようなお得な目的地といった見方が強いようだ。

またこのエディターズ・チョイス2010ではベスト・エアライン・ウェブサイト(Best Airline Website)でハワイアン航空のウェブサイトも紹介されている。残念ながらベストに選ばれたのはフロンティア・エアラインだが、ハワイアンのウェブサイトは予約前に座席が選べること、利用しやすい仕様や検索結果などが評価されている。ただし日本の住所で契約したクレジットカードでは予約購入ができないのが日本からの旅行者にとっては難点である。

SmarterTravel.comでは秋には読者が選ぶランキング、リーダーズ・チョイス・アワード(Readers’ Choice Awards)も開催している。

関連記事:SmarterTravel editors: Hawaii is world’s ‘Best Value Destination’ – Pacific Business News (Honolulu)

タグ: | 2010年5月28日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ