2010年2月の降水量は過去10年間で最低

[最終更新日:2010年04月06日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

常夏の島と思われがちなハワイだが、11月から2月にかけては雨が多くなり雨季がやってくる。ハワイ全土で降水量が多くなる時期だが、今年はどうやら違ったようだ。

国立気象局 (National Weather Service)が発表した資料によると、2010年2月の降水量は過去10年間で最低を記録。カウアイ島リフェ空港では、2010年1月から2月にかけては例年の25%しか観測されなかったという。マウイ島カフルイ空港、オアフ島ホノルル空港でも同様の水準で、雨の多い街として有名なハワイ島ヒロ空港でも例年の12%ほど。

オアフ島のマウナルア、ワイピオ、マウイ島のハナ、ハワイ島のマウンテンビュー、カムエラなどでは2000年以降最も雨の少ない冬となった。またマウイ島のハイクでは1992年以降で最低となった。

旅行者にとっては晴れが続く天気が望ましいが、農業などへの影響が懸念される。

関連記事:Isles had dry February | honoluluadvertiser.com | The Honolulu Advertiser

タグ: | 2010年4月6日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ