ハワイ島、ラバ・ツリー・モニュメントなど州管轄の一部エリアを閉鎖

ハワイ州土地自然資源局(DLNR)は、2018年5月3日にレイラニ・エステーツで発生した噴火と頻発する地震の影響で、近くのラバ・ツリー州立公園と海岸線のマッケンジー州立レクリエーション・エリアを閉鎖している。

ラバ・ツリー州立公園(Lava Tree State Monument)は、割れ目噴火が発生している住宅地、レイラニ・エステーツのすぐ北側に位置しており、火山ガスの影響が出る可能性がある。また近隣に地熱発電所があることも懸念事項となっている。

マッケンジー州立レクリエーション・エリア(MacKenzie State Recreation Area)は、海岸線に広がるエリアだがレイラニ・エステーツからは約5キロ離れている。

どちらの場所も、パホアの町を抜けて、ハイウェイ132号線またはハイウェイ130号線を通る必要がある。一部で通行止めや交通規制が発生しているほか、住民の避難や緊急車両が必要としている主要道路であり、現時点では観光でパホアの町からさらに先へ行くのは好ましくない状況となっている。

ハワイ島東部のプナ地区は、観光地としての人気は高くない為、旅行者は多くないエリアだが、カラパナ・オーシャンエントリーの溶岩見学エリアやカポホ・タイド・プールなど、ガイドブックなどで紹介されている場所もある。

DLNRページ:Department of Land and Natural Resources | 05/07/18 – DLNR closes Lava Tree Monument and MacKenzie State Recreation area due to earthquake activity

関連ページ:ハワイ島の火山噴火情報まとめ・随時更新

タグ: , | 2018年5月9日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ