デルタ航空、燃油サーチャージ値下げ、2011年10月から片道16,000円

[最終更新日:2011年09月05日]

アメリカの大手航空会社、デルタ航空(DL)は、2011年10月1日発券分より日本発着路線線の燃油サーチャージを値下げする。

日本-ハワイ路線は現行の片道18,500円から片道16,000円への値下げ。片道で2,500円、往復で5,000円の値下げ幅となる。

ハワイ往復32,000円は、既に10月からのサーチャージ改定を発表している日本航空、全日空、ユナイテッド航空、ハワイアン航空と同額。

その他の路線では、日本-アメリカ本土が片道25,000円、日本 – ミクロネシア(グアム、サイパン、パラオ)、フィリピンが片道8,000円、日本-韓国が片道2,500円、日本-中国、台湾、香港が片道7,000円、日本-タイ、シンガポールが片道13,000円となる。

デルタ航空は成田-ホノルル線を毎日2~3便、中部-ホノルル線を毎日1便(10月から週4便)、関西-ホノルル線を毎日1便を運航しており、日本-ハワイ路線では日本航空に次ぐ規模を誇る。

また2011年12月28日から年末年始や夏休みの季節限定で、福岡-ホノルル線への就航を予定している。

参考:日本発着便の燃油および旅客サーチャージ

タグ: , | 2011年9月5日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ