デルタ航空、中部・関西=ホノルル線の減便を2020年5月31日まで延長

[最終更新日:2020年03月12日]

【追記】最新の記事がありあます / デルタ航空、日本=ハワイ路線をゴールデンウィーク前まで運休

デルタ航空のB767-300ER
デルタ航空のB767-300ER

米航空大手のデルタ航空(DL)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要低下を受けて実施している中部=ホノルル線と関西=ホノルル線の減便について、2020年5月31日まで延長する。

ホノルル発は2020年3月7日(土)から、名古屋(中部)発と大阪(関西)発は3月8日(日)から週3便に減便し、当初は4月30日までの減便を発表していたが、 週3便運航を延長を5月末まで継続することになった。

予約済みの航空券については、デルタ航空の公式ウェブサイトから「旅程」メニューに進むと、変更や払い戻し、その他の方法といったオプションを確認することができる。同社では新型コロナウイルスの影響に伴い、予定の変更を希望する場合の手数料を免除している。

またデルタでは、成田・羽田=ホノルル線についても毎日運航から週6便へと減便することを発表。デルタが運航する日本=ハワイ間では全路線で減便が実施されることになる。

太平洋路線では、中部=デトロイト線の運休と成田・羽田=デトロイト線を毎日運航から週6便に減便することも新たに決まった。

便名 出発時刻 到着時刻 曜日(変更後)
DL612 中部 21:30 ホノルル 09:46 月火金
DL611 ホノルル 14:33 中部 19:30 水土日
便名 出発時刻 到着時刻 曜日(変更後)
DL278 関西 20:45 ホノルル 09:19 水木日
DL277 ホノルル 11:31 関西 16:55 月火金

※運航曜日は異なる場合があります。搭乗予定日をデルタ航空ウェブサイトでご確認ください。

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , , | 2020年3月12日

【8/8更新】2020年の秋・年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ