デルタ航空、名古屋・中部‐ホノルル線を増便、12年10月から13年3月まで

[最終更新日:2012年08月01日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

スカチームに加盟する米航空大手のデルタ航空(DL)は、2012年10月から2012年3月の冬期期間、名古屋‐ホノルル線をデイリー運航に増便する。

冬スケジュールの計画では、名古屋‐ホノルル線は週6便での運航としていたが、予約が好調なことや、ハワイ人気の高まりに合わせて、夏期期間に引き続きデイリー運航を継続することを決めた。

同路線は中部国際空港とホノルル国際空港を結ぶ直行便で、運航機材にはボーイング767-300ER型機を使用するが、2012年10月1日から27日までは一時的にエアバス330型機を投入するとしている。

名古屋からハワイへの直行便は、日本航空も毎日1便を運航している。

便名 出発時刻 到着時刻 運航日
DL612 中部 21:35 ホノルル 09:55 毎日
DL611 ホノルル 14:40 中部 19:40 毎日

※時刻表は曜日によって異なる場合や、変更になる場合があります。最新のフライトスケジュールは航空会社にご確認ください。

参考:Delta Air Lines Newsroom – プレスリリース

タグ: , | 2012年8月1日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ