デルタ航空、ミシュラン二つ星「一汁二菜うえの」監修の機内食をハワイ路線エコノミークラスでも開始

デルタ航空(DL)は、2018年6月1日から日本発のアメリカ本土路線およびハワイ路線のエコノミークラス「メインキャビン」で、ミシュラン二つ星の和食店「一汁二菜うえの」の上野法男シェフ考案・監修の機内食メニューを提供する。

デルタ航空の機内食

すでに3月1日からビジネスクラス「デルタ・ワン」および「デルタ・ワン スイート」、プレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」では、上野シェフ考案のメニューを提供しており、 6月の夏メニューへの切り替えに伴い、エコノミークラス「メインキャビン」にも導入した。

6月から8月にかけての夏メニューでは、 夕食のメインディッシュに「蓮根饅頭と牛肉の山椒餡掛け」を用意している。メインディッシュでは、上野シェフの和食のほかに、洋食(チキン)かパスタも選ぶことができる。

また所要時間の長い成田-アトランタ、成田-デトロイト、羽田-ミネアポリス、名古屋-デトロイトの各フライトでは、夕食に加え「ご到着前のお食事」を提供しており、上野シェフ監修の和食「豚肩ロースカレー餡掛け」か洋食(オムレツ)を選択できる。

デルタ航空は2018年6月現在、成田=ホノルル、中部=ホノルル線、関西=ホノルル線、福岡=ホノルル線を運航。

また成田からロサンゼルス、シアトル、ポートランド、アトランタ、デトロイト、シンガポール、マニラ、上海・浦東への直行便、羽田からミネアポリスへの直行便、中部からデトロイトへの直行便を運航している。

タグ: , , | 2018年6月2日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ