デルタ航空、燃油サーチャージ値下げ、2012年10月発券よりハワイ片道13,500円

スカイチームに加盟する米航空大手のデルタ航空(DL)は、2012年10月1日発券分より日本発着路線の燃油サーチャージを値下げする。

日本からのハワイ行きについては、2012年9月30日まで発券の片道15,000円から片道13,500円への値下げとなり、往復の値下げ幅は3,000円にとどます。

10月以降の燃油代については、JAL、ANA、ユナイデット航空、ハワイアン航空も、片道13,500円への値下げを決めており、チャイナエアラインだけが片道10,800円と引き続き低い水準に設定している。

デルタ航空は成田・中部・関空・福岡からホノルルへの直行便を運航しており、日本-ハワイ路線の運航本数はJAL(日本航空)に次ぐ規模を誇る。

方面 9月30日発券分まで 10月1日発券分から
ハワイ 15,000円 13,500円
アメリカ,カナダ 23,500円 21,000円(22,500円)
タイ,シンガポール 11,500円 10,500円
グアム,サイパン,パラオ,フィリピン 7,000円 6,500円

※()内はビジネスクラス

参考:日本発着便の燃油および旅客サーチャージ

タグ: , , | 2012年9月7日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ