デルタ航空、燃油サーチャージ値上げ、2013年12月発券分より

スカイチームに加盟する米航空大手のデルタ航空(DL)は、日本発着便の燃油サーチャージについて、2013年12月1日発券分より値上げする。

デルタ航空が運航する日本-ハワイ線では、現行の片道13,500円から15,000円への改定で、往復の値上げ幅は3,000円となる。既に同時期の値上げを決めている、JALやANA、ハワイアン航空、チャイナエアラインと同額。

また燃油代の他に、国際線パッセンジャー・プロセッシング・サーチャージが、1名片道1区間当たり500円が航空運賃に加算される。

2013年11月現在、デルタ航空は成田-ホノルル線、中部-ホノルル線、関西-ホノルル線、福岡-ホノルル線を運航している。

その他の方面は下記の通り。

方面 11月30日発券分まで 12月1日発券分から
ハワイ 13,500円 15,000円
アメリカ,カナダ 21,000円 23,500円
タイ,シンガポール 10,500円 11,500円
グアム,サイパン,パラオ,フィリピン 6,500円 7,000円
中国,香港,台湾 5,500円 6,000円

参考:日本発着便の燃油および旅客サーチャージ

タグ: , | 2013年11月8日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ