デルタ航空、ハワイ線の燃油サーチャージを片道16,500円に値上げ

スカイチームに加盟する米航空大手のデルタ航空(DL)は、2012年12月1日発券分以降の燃油サーチャージ値上げを発表しました。

デルタ航空が運航する成田、中部、関空、福岡からホノルルへの直行便については、現行の片道13,500円から片道16,500へと値上げになります。今回の改定での往復の値上げ幅は6,000円となり、日本-ハワイ線についてはJALANAハワイアン航空、ユナイテッド航空と同水準への値上げとなっています。

デルタ航空では2012年11月現在、成田、名古屋、大阪(関西)各空港でE搭乗券が利用できます。これはパソコンや携帯端末から事前にチェックインしておき、e搭乗券を受信してダウンロードしておけば、空港でチェックインすることなく、そのままセキュリティチェックへ進むことが可能で、空港での所要時間を短縮でき便利です。

方面 11月30日発券分まで 12月1日発券分から
ハワイ 13,500円 16,500円
アメリカ,カナダ 21,000円 26,000円
タイ,シンガポール 10,500円 13,000円
グアム,サイパン,パラオ,フィリピン 6,500円 8,000円

参考:日本発着便の燃油および旅客サーチャージ

タグ: , , | 2012年11月11日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ