デルタ航空、羽田=ホノルル線を7月1日発まで販売取り止め

[最終更新日:2021年02月24日]

デルタ航空のB767-300ER
デルタのB767-300ER

米航空大手のデルタ航空(DL)は、羽田=ホノルル線の航空券販売を2021年7月1日(火)出発まで取り止めている。

同路線は2020年3月下旬の夏期スケジュールより成田から全面移行するかたちで新規開設予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で段階的に延期。

現在は羽田発の7月1日出発分まで、ホノルル発の6月30出発分まで販売を取りやめている。関西・中部=ホノルル線については、2021年中の空席は出していない。

日本=ハワイ間では、同じスカイチームに加盟する大韓航空もソウル=成田経由=ホノルル線を長期運休しており、デルタ便名で利用する場合はアメリカ本土で乗り継ぐ必要がある。

その他の日本発着路線では、2021年4月4日(日)から中部=デトロイト線を週1往復で再開する予定。

便名 出発時刻 到着時刻 状況
DL180 羽田 21:55 ホノルル 10:40 運休
DL181 ホノルル 16:10 羽田 20:00 (翌日)

タグ: , , , , | 2021年2月24日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ